マイセンのブログ

ふわっとした感じでデュエルエクスマキナについて書いてます。
Twitterはじめました→@mysen777
相互フォロー募集中です!

レボリューション レビューその1


久々に新カードのレビューで御座います。
それでは前置きなしでいっきマース



テーバイの重装歩兵の方が強くない? と言われそうですが、あちらと違って後列に置いても攻撃+1の効果は発揮できますし、兵士デッキを組む際に両方とも採用するという選択肢もあります。



対アグロ戦で光る事は間違いありません。
特にガーディアンポセイドンで使用してみたいカードですね。



アテナと似た様な効果ですが全然違います。
アテナは攻撃力の高いユニットと同時に出して速攻で殴る、が理想形ですがこちらは序盤に出した小型ユニットを強化しつつ、このユニット自身も速攻で殴るというのが理想だと思います。
どちらが流行るかは環境次第でしょうか(読めません)



2点ダメージだけでは大した事はないのですが、オリンポスは攻撃力を上げる術が色々ありますので馬鹿にはできません。
アレース&アレースの焔剣などと合わせて5点ダメージ!とか言われかねないので怖いですね。



対アグロで役に立ちそうな能力です。
環境次第では活躍する場面もあるかもしれません。



非常に面白いカードが出たな!と評判の一枚
スペルを打てば打つほど強くはなりますが、封印されてしまえばただの0/2になってしまいますし、アペプなどで自爆すればホルスやセクメトの代わりにもなります。
ギルガメッシュというと金ピカのあの人を思い浮かべてしまいますが、このカードを使いこなせるかどうかで腕の差というものが出るのではないかと思います(私は自信がありません)



コンボデッキ用となります。
後でマナを使って何かしたい方用ですね。



こちらも完全にコンボデッキ用です。
他の新カードを見てみないと何とも言えません@すんません


ここからは覚醒カードのご紹介となります。



絵が素晴らしいのは勿論の事ですが、テキストも非常に強力です。
ただし、4ターン目にこのカードをプレイしても他のカードはプレイできませんので、実際に使用するのはゲーム終盤となりそうです@リーサル時?



素晴らしいOpiですね!
メチャクチャ強そうな事が書いてはありますが、ガーディアンパワーが変化する事が必ずしもプラスになるとは限りません。
コンルクで使うよりかは壺アペプなどが入ったデッキ向けな気がしないでもないですね。



いよいよ氷河デッキの時代が開幕(するかもしれません)
氷河地形に配置していればノートと同様の効果が得られます。
またガーディアンパワーの1ダメージもバルドルの閃光などと合わせればアグロ相手に高い戦果が期待できます。



最初は「誰!?」って思ってしまいましたw
地味に見えるテキストですが、2マナと軽い為全然採用する価値はあると思います。
4マナあって自分の場にユニットが3体入れば確定で5点ダメージです@侮りがたし



ガーディアンの中では微妙な立ち位置のミカエルですが、このカードのおかげで評価がガラリと変わりそうです。
覚醒時の効果も強いのですが、ガーディアンパワーが前のめりな良い効果だと思います。


ざっくりですが今夜は以上です。
Twitterに他にも新カードの情報がありますが明日以降にさせて頂きます。
今新作の動画の最終調整で手が離せません@ご期待下さいませ。


それではまた明日ノシ

ティアランキングについて

最近海老煎餅にハマってるマイセンです、こんばんわ。
今夜はDUELS X MACHINA Nowにて公開されているティアランキングについてお話させて頂きます。


ティアとはデッキの流行のことらしいです。
こちらで発表された勢力の使用率はこちらとなります。


この使用率の集計は全てのランクマッチ戦を集計したものではない為、100%正しいというわけではありません。
また対象が全てのランクだとしたら、Sランク帯とそうでないランクでは使用率が大きく異なりますので、
「ルクソールってこんなに多かったっけ?オリンポス少なすぎない?」
と思われる方もいらっしゃるかと思います。
実際ポセイドンやロキの使用率は0%ではありません。
特にポセイドンとはよく当たりますし、私が知る限りかなり上手い方が使ってたりします。
そもそもオリンポスの使用率が最も低いはずがありません。
最強勢力候補であるアテナが
アテナの使用率は4% Tier3です
と言われても「イヤイヤイヤw」って思っちゃいますよね。
他にもオシリスの使用率が1%というのも正しくは無い気がします。


こういった集計は、時期やサンプル数によって実際とは異なる結果が出てしまうことがままあります。
今回の結果は特に実際とはかけ離れているイメージはあるのですが、このイメージは私個人の主観であり周りの知人も含めた意見であったとしても正しいとは断言できません。
だって月が変わって数日でSランクに到達した人がBランク以下の環境なんて知るはずも無い訳ですから
「ルクソールがこんなに多いのはおかしい!」
とは言えないのです。


ぶっちゃけた話をしますが、八百長を推奨する感じでアレなのですが多少は数値を弄ってもいいんじゃないかな?と私は思うんですよね。
今回の集計結果を見て誰が得をするのか?と言えばハッキリ言って誰も得をしない結果になっていると思います。
理由は以下に挙げますね。


①100%正しくないという事がわかる。
使用率が0.1%でもあれば絶対に違うだろ!とは言えないと思うのですが、実際に使ってる人がいるのに0%はないと思います。
1%未満は0%と表示しています、と明記するか水増しして使用率1%とかにするべきではないでしょうか。


②オリンポスの使用率
実際どうだかはわかりませんが、12月最も使用率の高かった勢力がその次の月で半分以下まで落ち込む事があるのでしょうか?
オリンポスめっちゃ強いですよね?
アテナなんて最強勢力候補でSランク帯での使用率も非常に高いイメージです。
Aランク以下でもカード資産の乏しい方に優しい勢力なのにこれが最も低い12%という結果に納得する方がどれだけいるのでしょうか。


③ルクソールの使用率
ルクソールは最もヘイトを稼いでいる勢力で、この勢力が強い時期は宜しくない環境だと思ってる方が多数おります。
勿論私はそういった意見の持ち主ではありませんが、イメージの悪い勢力の使用率が断トツで高いのは如何なものでしょうか。


以上が大体の理由です。
細かい事を言えばまだまだありますが、細かい男はモテないそうなのでここはぐっと堪えます。
理想を言えばSランク帯とAランク以下と分けて集計結果を出して頂ければ、より精度の高いサンプルがとれて更に物凄く参考になると思うのですが・・・
難しいですかね?


こういった企画はゲームを盛り上げたりユーザーを喜ばせる為にしている訳ですから、馬鹿正直な結果をそのまま出すのではなく多少は手を加えて無難なものにしてから出した方がいいというのが私の意見です。


まぁ、今更な記事なのですがせっかく書いたので掲載しました^^;
それではまた明日ノシ

今思うこと

やっとちゃんとブログが書ける時間が取れました。


ここ数日仕事が急がし過ぎて記事を書く時間が全く取れませんでした。
元々ストックしてあった記事のアップと昨日の手を抜いてしまった記事を挙げるのがやっとだったのですが、ようやく今の心境を書ける様になりました。


今の心境は、まぁショックは受けております。
サービス終了を受けた事は初めてではないのですが、DXMはまだ大丈夫だと思っていただけにかつてないショックを受けております。


私なりに色々考えました。
ウォーブレに移行しようか? シャドバに力を入れようか?
仕事に追われながらも胃が痛くなるまで考えて結論を出しました。


今まで通りいこう


こう決めました。
なので、ブログの更新も動画のアップロードも今まで通り続けますし、今リリースされている別のゲームに移行する事も致しません。
ただ、これから始まるゲームに移行する可能性(先の話ですが)とブログの更新頻度が下がってしまうかもしれないのは何卒お許し下さい。
ブログの更新頻度が下がる可能性がある理由は、無理やりでも毎日書こうとすれば書けなくもないのですが、公式HPの更新も止まり新イベントの実装などもなければネタ不足になるのは確実です。
クオリティの低い記事を挙げ続けるよりかは少しでもマシなものを読んで頂きたいので、可能な限り毎日更新させて頂くつもりですが、本当にネタを出すのがきつくなった場合は更新できない日がくると思います。
ゲームの方も手を抜かずに頑張っていきたいと思います。


今回はサービス停止ではなく縮小の告知ですが、これでハッキリとわかった事があります。
宣伝は超重要
ということが。


前に私がやっていたトワイライトロアですが、これは中国企業のゲームで本家中国では人気のあるゲームで、プレイ人口は日本人の250倍くらいおりました。
(日本は3鯖 本家は250鯖越 1鯖辺り日本の3倍規模)
ゲーム自体も某人気RPGと比べてもこちらの方が遥かに面白かったのですが、宣伝を全くしなかった為に日本では全く人気が出ませんでした。
DXMも運営がこうすれば、ああすれば、という意見もあるかと思いますがどれも些細な事でテレビや雑誌に宣伝を打てなかったのが致命的だったと思います。
この点は与えられた予算の問題だと思いますので、DXM運営を責める気はありませんがディー・エヌ・エーさんに限らず全ての企業に言いたい事は宣伝費が出せないならゲームを作るな という事ですね。
勿論ユーザー数が少なくても存続できるのなら良いのですが、ロクな宣伝費も与えず結果が出なかったからといってすぐにサービス終了してしまうのでは、企業側もユーザー側もどちらも得をしませんので・・・


ネガティブな話はここまでにしましょう。
DXMは本当に大好きなゲームなので、これからもブログは更新していきます。
皆様、これからも宜しくお願い致します。