マイセンのブログ

ふわっとした感じで主にDTCGについて書いてます。
Twitterはじめました→@mysen777
相互フォロー募集中です!

精霊の使い方

「アルテイル」と「ある程度」ってなんか語感が似てません?
あ、似てませんか、そうですか。
今回の記事はある程度アルテイルネオに慣れてきた方には今更に感じる記事なのですが、需要があったので書かせて頂きますね。


各種精霊

(木の精霊なんて知らない)
の有効な使い方をご紹介する記事で御座います。
それではいっきマース


生贄に捧げるカードはレベル1のユニットでないと損をします。
SPの増加量は3となっておりますが、本来クローズ→リムーブで得るはずの1SPが得られませんので最終的に増加するSPは1となります。
精霊は基本的にオープンスキルが強いので、こういったカードで使い捨てるものアリです。


使い捨てるといえばこのカードです。
アクションスキルの発動に2SP使用しますので、コストの低い精霊を贄に捧げる様でなければアドバンテージを得るのが困難となります。


どんなに攻撃力を上げてもアクションスキルが強くても速度が2と遅いので、このカードに順番が回ってくる前にボコボコにされてHPが0になってしまう事ってよくありますよね?
そんな時は風の精霊で速度を思いっきし上げてやれば良いのです。
速度7に対応出来るユニットはなかなかいないと思います。


シールド避けの為にわざと高コストのユニットにダメージ(OPスキル)を与えてクローズさせちゃうプレイングもあるのですが、やはり精霊やランプちゃんなどの死んでもよさげなユニットを贄に捧げたい所です。


アクションスキルの効果対象ですが、「速さ0以下」とか「速さ6以上」とか基本的に存在しないステータスです。
賢明な皆様はもうお気づきかと思いますが、風や水の精霊で速度を調整する必要があります。
このミスティアはそんなに使用率の高いカードではありませんが、特定の相手をハメ殺せる恐ろしいカードなので使う予定の無い方も頭の片隅に入れといて下さい。
「ミスティアは恐ろしい子」


ここからはシールドスキル(以下SS)です。
贄にランプちゃんを使う手もありますが、オープンスキルが偉い精霊を贄に捧げた方がお得です。
対戦相手がSPが枯渇している訳でもないのに終盤に光の精霊を出してきたら、こういったSSが控えている可能性を考慮した方が良いかもしれません。


速度指定のあるSSもやはり風や水の精霊で調整すれば問題ありません。
デッキで使用するユニットカードの速度は高速か鈍足かに統一すると相手のSSを避けやすくなります。
例えば速度2以下で統一したリフェスデッキをこちらが使用した場合、対戦相手は「精神の集中」を当てる為に風の精霊を使用し、デッキに戻したいユニットの速度を上げる必要があります。
それを読んでこちらも風の精霊をプレイすればバッティングし、相手のSSを無事避ける事が出来ます。
こういった知識があれば、相手のSSを使いにくくしたり使ってきそうなSSを読む事ができます。


最後にシールドスキルを発動する為には、クローズしたらリムーブによるLPダメージ無く墓地に直行するランプちゃんではダメですし、高コストのユニットでは盤面が大変な事になる恐れがある為、基本精霊をクローズして頂いてSSを発動したい所ですね。


<精霊の使い方まとめ>
・光の精霊はSPを増やせるのでお得@3枚使いましょう
・風・水の精霊は使い道がいっぱい
・(触れなかったけど)闇の精霊を初手で使うのはギャンブル
・生贄が必要な場合は基本精霊を捧げましょう
・精霊はクローズしても原則復活させない@例外はあります
・火の精霊?防御力無視でダメージだったらよかったのにね


こんな所でしょうか。
デッキを精霊ばかりにするとゴウエンの火力の前にひれ伏したり、ファルカウのカードでデッキに戻されまくったりしますが、精霊無しで戦えるデッキはごく少数なのでか弱いながらも使える精霊達を上手く使ってやって下さい。


それでは、良きアルテイルライフをノシ

たまには私生活の話でも

アルテイルNEOを愛する皆様、こんばんわ。
当ブログはアルネオ専用ブログでは無いという事を私自身も忘れておりましたw
なので、たまには私生活の話でもしようかなと思います。
面白くないかもですが、お付き合い頂けましたら幸いです。


えーと、私今年の7月に転職しまして今はとある工場で働いております。
とても活気のある職場で、会社の行事も夏祭りや運動会など楽しい行事も色々ありました。
そんな素敵な会社で働けている私ですが、最近は掃除ばかりやらされてます。
っというか、私ばかりではなくみんなで毎日3時間は掃除をしております。
なんでも
「決められた期間内に工場内を新品同様に戻そう!」
という事になったそうで、部署をあげて全力で掃除に取り組む事になったのです。
私は絶対に不可能だと思いましたが、聞けば審査員の方が巡回するルートが決まっているそうで、そこだけピカピカにしておけば後は掃き溜めの様な感じでも大丈夫との事
私も先輩も上司も日々頑張って掃除に勤しみました。


いよいよその日がきました。
私はきっと、

こんな感じの方が視察にこられると思っていたのですが、実際は


こんな感じの方がおみえになられました。
先輩が審査員の事をヤクザと呼んでいたのが理解できました。


予定されていた順路を審査員が何かをメモしながら巡回し始めました。
聞いていた通りの順路で安心して後をついていった我々ですが、途中突然進路を変え事務スペースの方角に移動をし始めました。

え?何でそっちに行くの?え?何で?
先輩達の顔が強張ってます@特に上司が
審査員の足が我が部署の最高責任者のデスクの前で止まりました。


審査員:「このデスクの引き出しを開けてもいいですか?」
偉いさん:「ダメです!
審査員:「開けますね」
偉いさん:「らめぇぇぇぇぇぇぇええぇぇ!!!」


部下の前で引き出しの中がメッチャ汚いと怒られる上司がそこにおりました。

↑こんな感じになってましたw


いや、「ダメです!」ってw
いい年したオッサンが「らめぇぇぇぇぇぇぇええぇぇ!!!」ってw
いいものが見れたと喜んでいた私ですが、その後予定されていた順路も色々ツッコミが入り1ヶ月後に再度見回るので、それまでにもっと綺麗にしておくように!との事でまだ掃除に勤しむ日々が続いております。


勤務中に突然局部をあらわにする先輩や、雑巾を探している私にシャツを抜いで
「これを使ってくれ」
と上半身裸でシャツを渡してくる先輩に囲まれて仕事をしておりますが、私は元気です。
たまにホモっぽい先輩にお尻を触られますが、元気にやってます。
もしブログの更新が何日もされなかったら元気が無くなってると思うので、その時はtwitterとかで優しい言葉をかけて頂けましたら幸いです。


それでは、またノシ

必ずしも3枚必要という訳ではない

皆様こんにちわ
最近完全にアルネオブログと化してしまいましたが・・・
アルネオが面白すぎるんだから仕方ありません(うん、私は悪くない)


今回はデッキに入れるユニットの枚数のお話です。
アルテイルNEOはHPが0になりクローズしても同一のユニットカードがデッキにあれば復活する事が出来ます。
その為ユニットカードは3枚ずつ入れるのが常識なのですが、一部例外もあります。
常識外となるカードを以下に挙げます。

まぁ、これは分かると思います。
多色デッキの場合は同じカードを3枚入れるよりも1枚と2枚とかに分けた方が同時に場に出せるので使いやすくなります。


リビングデッド系のスキル持ちのユニットはデッキに1枚で十分です。
デッキの枠に余裕があるのであれば2枚入れてもダメという事はありませんが、これらを重複して入れるよりも他に必要なカードがきっとあると思います。
どこぞのサイトかで3枚入れてるデッキレシピを公開しておりましたが、今すぐ修正するか削除した方が宜しいかと存じます@エアプ認定


リフェスのデッキならほぼ入るこのカードですが、シールドスキル対策の為デッキには1枚入れておけば大丈夫です。


墓地対策や同系対決のバッティングに備えて3枚入れるのもアリですが、基本的にデッキに2枚入ってればクローズスキルのおかげで機能します@お好みで


どちらも1枚でもOKなカードです。
ラヴェンダのスキルは「太陽王国のユニット」しか復活出来ませんので注意が必要です。
先日ヴァッサーを復活させようとして、
「え?なんでできないの!?」
とうろたえたのは私です@反省
リティルは復活の効果だけで使用するのは勿体無い気がします。
デュランダルや不死者が流行っておりますので、墓地対策まで見て2枚入れても罰は当たりません・・・が、やはり枠の都合上1枚になりそうですね。


シールドスキルを強制発動して相手の虚をつくのが目的なカードです。
なのでデッキに1枚しか入ってないだろう?と見せかけての2枚挿しはそれはそれで相手の虚をつけるかもしれません。
しかし3枚は流石に入りにくいと思います@3回出したら死にますねw


カード資産の都合や環境によっては3枚入る状況もあるかもしれませんが、今は入れても1~2枚でしょう。
カードの効果は強力ですが、このカード単体では全く戦えません。


オープンスキルが強いので、出し直して使うのが理想です。
復活せざるを得ない状況であればかなり劣勢な時だと思います。


意見の分かれる所だと思います。
2枚以上入れた方が良いとは思いますが、絶対に3枚で無いとダメ!という事は無いと思います。


魔法カード発動回数を上げまくるデッキであれば2枚入れても良いと思いますが、そうでなければアクションスキルの発動が困難ですので、1枚だけで良いと思います。


3枚入れちゃダメという事は無いのですが、他のユニットがみんな死んでコイツだけ残ってもほぼ勝ち目はありません。
ガーファスに期待する所は主にオープンスキルなので、出し直しを狙う程ではないのですが2回復活させる為にデッキに3枚入れるのは微妙に感じます。


相手をロックする為にデッキに3枚入れるのは全然アリなのですが、シールドスキルを当てる為に入れるという事であれば1枚だけでも良いと思います。


コスパの悪いカードではありますが、器用さに欠けるリフェスには必要なカードです。
っといってもデッキに3枚は多すぎます。
いつも言ってる事ですが、オートスキルの発動時に3SP掛かる事をお忘れなく。


今はデッキに3枚入りません。
しかし将来強い妖精デッキが組める様になったら話は変わってくるかもしれませんね。


このカードは将来的にも3枚入るビジョンが見えません。


初手に出したいカードですが、3枚は入りません。


このカードを出す際に対戦相手の墓地の確認を忘れて、
「あれ?SPが増えないゾ!?」
と慌てたのは私です。
各種精霊に比べ出したら必ず効果が出る訳ではないのでデッキに3枚は入れずらいカードです。


使用率がなかなか高いサポートカードですが3枚入れてる方はお見かけしませんね。
2枚が適正だと思ってます。


光の精霊以外は3枚入れる必要はありません。
精霊の効果的な使い方の記事もその内書く予定です。


大体こんな感じでしょうか。
もう少しまとめてご紹介したかったのですが、なかなかうまくいかず大量に画像を貼り付ける感じとなってしまい申し訳御座いません。
上記でご紹介したメイリーンなどは今の環境というかテキストでしたらデッキに1枚で良いのですが、テキストの修正で全然別のカードになる可能性も無きにしも在らずなので、余程切羽詰まってない限りは
「1枚しか使わないから2枚リサイクルしちゃお♪」
とか思わない方が良いと思います。
通常1枚で十分なカードを2枚以上入れる事により相手の虚をつける事もあるかもしれませんが、それ以上に
「あーあのカードがデッキに入っていればなぁ~」
と後悔する事の方が多いと思いますので、オリジナリティーはそこではない別の所で発揮した方が宜しいかと存じます。


他にも探せば3枚必要ないカードは色々ありそうですが、比較的使用率の高いものをご紹介させて頂きました。
今回はこの辺で
皆様、良きアルテイルライフをノシ

格安ファルカウデッキ

僕、無課金だからイクサー到達は無理だわー
っと諦めてるそこの貴方
とっておきのデッキがあるのですよ(╹◡╹)
安くて強いファルカウのデッキレシピはコチラ(ジャン)

どうです?
SRが2枚(代用可能)入ってますが、それ以外は全てR以下です。
実はこのデッキはrearnaさんがご考案されたもので

高い勝率でイクサーにまで到達しております。
今回はrearnaさんに許可を頂いて当ブログに掲載させて頂きましたが、私がエアプで解説するのもアレなんでご本人にお願いしました。
以下はrearnaさんのご解説です。


初めにこのデッキのユニットですが、真正面から相手のユニットに立ち向かっていっても大体負けます。
相手のユニットの方が連携(シナジー)が取れていて、性能差で負けてしまうからです。
相手ユニットを返却or墓地送りにする

→弱った盤面になったら攻撃する
→シールドブレイクで相手のシールドスキルを無駄打ちさせるor相手のキーになるようなユニットを3枚切れさせる

ことを狙います。


1T目からの立ち回りですが、光の精霊→蟹→イカ
もしくは光の精霊(バッティング)→光の精霊(バッティング)→蟹→イカ
と出していきます。
ここまで来たら相手が大型中型(LV4以上)中心or小型(LV3以下)中心かの区別はつくと思います。


小型相手の場合(LV2中心)
spを貯めながら相手の出したいユニット全てを出させてから大渦を狙います。
それまでにこちらの盤面が崩壊しそうなら、順番を繰り上げてもらってかまいません。
ザリガニ出すのを狙いつつ、1枚ずつ出てくるLV2ユニットを各個撃破していきましょう。sp、テンポで差がついているので大体勝てるはずです。


小型相手の場合(LV3中心)
spを貯めながらザリガニを出すか先に返却を行うか考えます。
例えば相手がゴウエンのユーニを中心としたデッキである場合、フィエルテさえ返却すればユーニを倒せることが多いです。
そしてユーニが3枚切れたとき、相手のデッキは機能しなくなります。
なのでザリガニは後回しにしてフィエルテを返却してユーニを攻撃、その後も次にフィエルテが出てきたときにすぐ返却できるようspを維持しながらザリガニを出してこちらの盤面を強くしていきましょう。


中型大型相手の場合
まともに戦って勝ち目はありません。

分解とSSを駆使して相手の大型ユニットを除去していきシールドを剥がしていきましょう。
ただし、全てを除去する必要はありません。
例えば相手がデュランダル+ラルトの場合、デュランダルさえ除去すれば蟹+イカでもラルトは倒せます。
フェミールで時間稼ぎをしつつラルトを攻撃、SSと分解でデュランダルに仕事をさせないうちに除去しましょう。

フェミールや水の精霊は積極的に出しにいってかまいません。
オープンスキルは勿論、積極的に倒されてこちらのシールドを発動することも仕事になります。


場合によりけりですが、カニを攻撃させずに待機させて防御に徹する場面などもあります。
3枚切れが狙えそうになく次のターンすぐに倒せそうなユニット1体だけ相手盤面にいる、かつ蟹が行動順最後の場合などです。
相手に復活させてHP全回復させるより、1ターン待ってシールドブレイクする方がいいときがあります。


ちなみに1枚目の不死鳥のSS警戒はあまりしません。
大型中型が増えてきた中でそこまで警戒する必要はあるのかなと感じます。
----------以上ここまで----------



無課金(微課金)ユーザーに勇気と希望を与えてくれたrearnaさんのtwitterアカウントです。
日々アルネオの話題を中心にツイートされたらっしゃいますので、気になる方やデッキの使用法について気になる方は是非フォローして下さい。
既にレーティングランキングで100位以内に入っているみたいです@凄い


最初の方に2枚入っているSRは代用可能と書きましたが、

このカードを

これに変える事によりデッキが更に組みやすくなります。
1枚だけは持ってるよ!という方は1枚だけ差し替えればOKです。


ただユニットを並べて殴るだけのデッキではなく、魔法カードを使ったり、時にはユニットを待機させたり、SSを上手く使って盤面をひっくり返したりとプレイングを上達させるのにも向いている素晴らしいデッキだと思います。
カード資産のある方でもまだプレイングに自信が持てない、またはファルカウの戦い方がようわからん!という方は是非是非このデッキを使用してみて下さい。


rearnaさん、有難う御座いました!


私も夢と希望を与えられる様なデッキが組める様、日々精進致します。
それでは、またノシ

光の精霊

アルテイルNEO愛好家の皆様こんにちわ
最近新しく買ったばかりのキーボードに豆乳をこぼしてしまったマイセンです。


今回は


この光の精霊の偉大さについて書かせて頂きます。


恐らくアルテイルにおいてこれ程使用率の高いカードは他に無いと思います。
それ故にバッティングする事が多く、使いずらく感じる方もいらっしゃるかと思います。
その為か、光の精霊よりも

この子達を優先して使う方もいらっしゃいます。


バッティングばかりする上にSP増やすしか能の無い光の精霊よりもHPを回復したり攻撃力を上げたり出来るコッチの方が強いじゃーん!


この子達って何と呼べば良いのでしょうかね?
システムユニット? サポートユニット? ランプちゃん
取り合えず今回はランプちゃんとしましょう。


可愛らしいランプちゃん達ですが、確かに局地的には光の精霊よりも活躍出来ます。
ステータスを上げたり下げたり出来ますし、HP0になってもクローズしませんのでLPが減る事もありません。
しかし、光の精霊を使用する最大の目的は
SPを増やしたい!
という事なので、その点においては光の精霊に分があります。
ランプちゃんは使用SP1→獲得SP2=増加するSPは1
に対して、
光の精霊は使用するSP1→獲得SP2=クローズ後のリムーブで1SP増加=増加するSPは2
となります。
更に光の精霊はリムーブ時にシールドスキルを発動させる事が可能ですし、プレイした瞬間にオープンスキルでSPが増加する点が非常に優秀です。
ランプちゃんはクローズした直後に墓地に送られる為、シールドスキルが発動出来なかったり、最悪更地になった後に相手のシールドアタックにより理想的ではないシールドスキルの発動を誘発してしまう場合があります。
ネームドである点も時には
「相手に先出しされてコチラが出せない!」
といった事もありますので、使いやすそうでそうでもなかったりします。


SPを増やすカードは他にも色々ありますが、安定かつ手っ取り早くSPを増やせるのは光の精霊が一番です(断言)
なので、バッティングを恐れず怒らず
これはアルネオプレイヤー同士の名刺交換だ
位の気持ちで笑顔で流すのがスマートだと思います(多分)


<次回予告>
明日の記事は無課金&微課金ユーザーに朗報なデッキ紹介です。
低資産でもイクサーになれる(なれた)素敵なデッキをご紹介させて頂きます。
ご期待下さい!


それでは、またノシ