マイセンのブログ

ふわっとした感じで主にDTCGについて書いてます。
Twitterはじめました→@mysen777
相互フォロー募集中です!

第1回 DXMインタビュー

昨夜の予告通り(?)DXM界のカリスマファンタジスタ、Cajuqiさんに取材(インタビュー)を慣行致しました。
その一部始終を見よ!(マネーの虎風に)


※黒文字は私で青文字がCajuqiさんの発言です。


----------ここからスタート----------
本日はお忙しい中、お時間を割いて頂き有難う御座います。


いえいえ、こちらこそこんなのにわざわざインタビューをしてくださって幸栄です!


DXM界のカリスマプレイヤーにインタビューする企画な訳ですが、第一回目はカズキさんしかいない!と思いまして


これ第1回目だったんですか!?
1回目にして一気に見てくださる人を減らしにかかるとは…


ネタデッキ、いやファンタジー溢れるデッキは他にも使ってる方もいらっしゃいますがカズキさん程人を引きつける方もいないので非常に気になりました!


ありがとうございます~!
最近はおもしろそうなデッキを考えるのもスランプ気味ではありますが、なんだかんだで続けております!


そんなカズキさんを丸裸にしてやろうという素敵な企画で御座います┏○


既に裸なので何も変わらない結果のような企画ですがよろしくお願い致します┏○


私が知る限り、カズキさんのデッキといえば
1地上絵
2アセンション
3バエル
4ライブラリーアウト
なのですが、他にもありましたでしょうか?


地上絵の派生として地上絵天狐、アセンションにパラダイスパロットを加えてさらに"見栄えをよくした「パラダイスアセンション」などがありましたが、確かに大まかにはそれで全部です!
むしろそんなに把握してくださっているとは…!


見栄えw


3/3の熾天使セラフがいっぱいより緑文字で4/4になった熾天使セラフがいっぱいの方が見栄えが良くかっこいいので当然ですね(?)


カズキファンとしては当然です┏○
なるほどです、確かに見栄えは大事ですね。
最近思ったのですが、真の勝者はランクマやイベントの上位者ではなく、カズキさんの様な勝ち負け度外視で楽しめてる方なんじゃないかと
私はまだまだ未熟なので、その境地に達せられてないのですが...
お恥ずかしい限りです。


人によって勝者の基準が違うのかもしれませんが、確かに僕の場合だと毎月Sランクまで到達したらあとは気の向くままに好きなデッキで遊んでしまおうという傾向は強いですね!
逆にレジェンドマスターを目指そう!やグランドマスターを目指そう!といった方々とは根本的に考えが違うのかもしれません


勝敗を気にしすぎてる私にはカズキさんは眩しすぎます(*´つ_⊂`)


別に勝てなくてもおもしろいデッキが作れればそれでいいかな~
相手が驚いてくれればそれはそれでありかな~というのはあります。
稀にDXMミラティブ配信なども行うのですが、僕の配信は笑いに来るにはちょうどいいですが、まじめな戦術考察には全く向いていないと言われるのはその辺りですね(笑)


カズキさんのデッキはコンセプトが斬新なだけではなく、細かい所まで計算されている点も多くの方から評価されてますね。
あの人がガチでランクマやったらかなりの脅威になる
とおっしゃってる方もいましたよ!


ありがとうございます!
実際のところ計算というよりは直感で動いているところの方が多いのですが、なんだかんだでたくさんプレイしている内にその直感の正解率もちょっとだけ上がっているのかもしれませんね


ネタデッキを組む多くの方が練り方が甘くて勝てなくて、負けると
「ネタデッキだから仕方ない」
とおっしゃる方が多いのですがカズキさんは練に練って、それで負けても
「楽しかった」
とおっしゃられるので、私を含め多くのDXMプレイヤーのハートを掴むのだと思います。


周りからはネタデッキに見えても、案外扱っている本人はネタデッキではないということもあったりします。
例えば僕の中では地上絵デッキやバエルデッキ、実は自分の中では「ちょっと特徴的なデッキ」ぐらいに見ていたり!(笑)
確かに他の人とはちょっと違った戦術で勝ちたいという気持ちはあるので、そういう意味ではより「楽しかった」と自分で言えるように無意識に心掛けているのかもしれませんね


世間ではヴァリーは入ってて当たり前!
バルドル!クローリン!ジアー!ひゃっは~
とか
神獣像!セシャト!アモコン!
ひゃっはぁ~
とかが多い中でそう言えるのは凄いです。


流行りの有力カードを使ってみるのも1つの楽しさなのですが、やはり他人とは違った戦術をという気持ちがあるのでいろいろなカードを試してみたい、ある意味一種の天邪鬼ですね(笑)


そんなカズキさんにいくつか質問をぶつけさせて頂きます。
ズバリ、最近よく話題に上がる「ナーフ問題」についてです。
カズキさんの見解をお聞かせ頂けましたら幸いです。


ナーフというと正直見当違いなことを言った場合に後々恥ずかしいのであまり突っ込まないようにしていましたが、僕としては多少のナーフ自体に否定的な感覚は薄いです。
むしろ、必要なナーフは早急に行うべきだと思っています。
例えば、以前の烈火の軍狼パックがリリースされた直後、百戦将テュールが圧倒的な強さを持っていたことがありました。
その時はむしろ多くの人が早急なナーフを望んでいたのではないでしょうか?
自分の周りではナーフが遅かった為に引退してしまったプレイヤーさんもたくさん見ているので、ナーフが遅かったことへの残念な気持ちすらあります。


企業の都合で出したカードを即ナーフ、というのは色々難しそうですがデジタルカードゲームなら早めのナーフもアリかもですね。
あの時はテュール入りのデッキでも様々なデッキ構成があったので個人的にはナーフのタイミングはあれで良かったかな?と思ってはいたのですが、アスガルドに勝てる勢力がないのは今考えると大問題でしたね。


ある公式のイベントでも決勝・準決勝進出の選手が全員テュール中心のアスガルドだったのは今でも印象的です。


ただ、カードプールの少なさからアスガルドが弱くなるとオリンポス(ハデス)一択になるので結局アレースナーフ汁!になってた気もw


その時の環境での2番手としてはオリンポスが有力でしたのでそういう見方もできそうですが、それでも1番手と2番手の間に大きな力の差があったのでやはりそういう意味でも早急なナーフが必要だったと感じていた時期でした。
今(2018年1月)だと筆頭闘士スパルタクスを中心としたデッキ、特に女闘士ヴァリーのナーフについて話題に上がることが多そうでしょうか
1コストながら凄まじい速さでパワーアップを繰り返すヴァリーには僕もいろいろと悩まされるものです。


確かにヴァリーの使用率は異常ですね。
私は今月ヴァリー抜きでランクマを戦う決意をしましたw


正直、相手にヴァリーを序盤に出されるか否かでこちらの難易度が大きく変わりますもんね~!


ヴァリー抜きでも組める強いデッキは色々あるというのを証明したい!
とか言ってて負けまくりでロイヤルマスターにもなれなかったら慰めて下さいねw


その時はぜひ毎月の戦績が称号どころではない僕と一緒に気の向くままに好きなデッキで遊んでいきましょう!(笑)


そんなヴァリーですが、個人的にはナーフしても差し支えない存在かと思っています。


輝かしい戦績ですね((((;゚Д゚)))))
そういえばカズキさんはナーフよりもDXM運営に伝えたい事があるとかないとか?


そうですね、以前の公式放送内でアナウンスされた「ユーザーが企画する企画の実施はまだですか!」という件もですが、それ以上に「フレンド機能やギルド機能などの他プレイヤーとゲーム内で繋がれる要素をください!」というのがあります!
むしろ「リリースから約9か月もの間それ無しでここまで来ちゃったのか!?」とすら思っています。


フレンド機能やギルドは不要、とおっしゃる方もいらっしゃいますが私は絶対にあった方が良いと思ってます。


現に、Twitter以外で他プレイヤーと間接的に他プレイヤーと繋がれる要素というのが存在しているだろうかというのが気になっています。


全員がSNSをやってる訳では無いし、やってない人の方が課金してくれそうなイメージがあります(他のゲームを参照)
ロビーや2chの書き込み数を見る限りTwitter以上のツールは存在しませんね。


確かにTwitter勢やLobi勢同士ではそれなりのコミュニケーションが確立されているのかもしれませんが、実際にゲームをプレイしている方々の多くはそれ以外の人でしょうしね
公式サイドがTwitter勢の人たちにリアクションをくれたりするのはとてもうれしいものの、こんな言い方も良くないのですが、自分含む一部の声の大きい人に対してのみ反応しているとしたらやはりちょっとそれは違うような気もしています
もちろんそれが良い点・悪い点の両方を含んでいるのは理解した上ですが…


いやらしい話になりますが、ギルド機能が嫌で引退する方もいるでしょうけど、ギルドを大きくする為に頑張る方やギルドのしがらみでゲームを続ける方もいらっしゃるのでゲームの売上的にはあった方が良いはずです。


退された方々の中には「1人でプレイしていては続ける気力が保てないから」という方もいらっしゃったのではないでしょうか?
他のフレンドやギルドメンバーがいるから続けられるという方もいらっしゃるとすると、確かに存続という意味でも実は重要なのかもしれませんね


公式に掲示板がありますが、匿名の掲示板なら2chがあるので何か違うなぁとも思ってます。


僕のような2chに関わりたがらない人からするとなおさらそれに準ずるシステムがゲーム内でほしく感じますね


私も前やってたゲームの仲間を4人程DXMに引き入れてLINEグループを作ったのですが2人が引退してしまい寂しくなっちゃったんですよね
そこでDXMで仲良くなった方々を紹介した所、彼らのモチベーションが上がった様だったのでよかったなぁと
これがSNSを利用していなかったら引退まっしぐらだったかもしれません。


やっぱり1人でプレイするのと他にプレイしている人がいるのでは感覚が違いますもんね~
しかしながら「SNSありきのゲーム」というのもやはり違和感があり…
公式サイドへの意見の1つに「勝負の観戦機能が欲しい!」というものがありますが、同ジャンルのゲームにはフレンド機能を通して観戦できるものもあると考えると、そういった面でもフレンド機能がほしくなりますね


観戦機能!
忘れてましたw
しかし、サーバに掛かる負荷がでかそうですね


サーバー負荷関係に関してはちょっと疎いので実装が現実的なのか否かがわからず申し訳ないのですが、それでもゲームを盛り上げる要素の1つになれるのは間違いないと思います
1度ゲームのユーザー大会を開いたことがあったのですが、その時も観戦機能がなかったことがとても惜しかったことを覚えています。
決勝戦や準決勝戦が行われているのにその選手以外はただただ見ることができず結果を待つばかり…


あれば大会は大盛り上がりですね
しかし観戦機能は別ゲーでは全く使われなかった事実がありますので、優先順位としてはフレンド機能、ギルド機能、アニメコラボの方を先に何とかして欲しいとか思っちゃいます。


おぉ…そちらの事情はあまり詳しくないのでコメントし難いですが、確かにフレンド/ギルド機能を先に実装して欲しい!
むしろアリーナ機能よりも優先順位が高かったのでは!?とすら思っているぐらいです!


アリーナは過疎り具合がヤバいですね


今となってみると、もう少しプレイヤーが増えてからアリーナ機能を実装すべきだったのかもしれませんね
もちろん実装当時はアリーナ機能によってプレイヤー数が増えるかもしれないとも期待していたので結果論ではありますが!


アリーナは不定期開催でやれる期間を限定すればマッチングしやすくなるのではないかと思います。


いつでもプレイできるから今やらなくても~というのがアリーナでのマッチングのしづらさの要因だとしたら確かにその通りかもしれませんね
(実は僕も数か月ほどアリーナに手を付けていません)


私も最近はご無沙汰です。


単に10連戦が長く感じて億劫というのもあるので、試合数が5~7回ほどならばもう少し気軽に参加しやすくなるかもしれないとも思いますね


シャドバは何戦でしたっけ?


あちらは勝ち負け関わらず5戦が終わるまで続くシステムとなっているので、そういう意味では上手なつくりなのかもしれません


参考にするべきかもしれませんね


なんにしても、マッチングしづらいのはプレイヤー数に問題があるとすると、やはりフレンド/ギルド機能がプレイヤー数を維持・増やす要素の1つになるように思います!


更にそれにアニメコラボや新規の方向けの施策も嵩じて欲しいですね。


その何らかのコラボがあるとアナウンスされたのも結構前になり、最早それを覚えていない方もいらっしゃるのでは…といったぐらい経ってしまっている状態なのでそちらも進展させていってほしいところです!


全くですw
それでは最後の質問になりますが現在考案中のデッキを教えて頂けますでしょうか?


はい、現在考案中のデッキはアスガルドでのガルムデッキです!
少し前に考えていたデッキ破壊ルクソールがいまいちな結果(誰か改良お願いします!)だったので次はある意味でバエルデッキに近い「超大型ユニットで叩きつける」デッキになります


胸が熱くなる様なデッキですね!


霜巨人ヨトゥンなどの大型ユニットを冥犬ガルムでさらに2倍に!というコンセプトなのですが、トリニティのように高速でマナ加速ができないのでどう補うかを研究しております~


バルドルや回復カードで凌ぎながらですかね?
またはガーディアンロキで前のめりにいくか


前者の凌ぎながら行く戦術のつもりではありましたが、なるほど前のめりに仕掛けていくのもおもしろいですね、参考にさせていただきます!


何にせよ楽しみです。
完成しましたら是非使い方を教えて下さいまし( ´ ▽ ` )
先程最後の質問とか言っちゃいましたけど、今度こそ最後の失礼です。
カズキさんにとってDXMとは?


SNSを駆使すると出会い系ツールにもなれるゲームです
嘘です
デジタルカードゲームの1つ、それでも同ジャンルのゲームとは差別化された新しいゲームだと思っています!


素晴らしいコメント有難うございます!


こちらこそ本当にありがとうございました~!!


今度名古屋で1杯ご馳走しますねw


(開催の方をよろしくお願い致します!)


第2回東海オフの開催も宜しくお願いします┏○
え!?私??
いやいやいや、不人気な私よりも人気者のカズキさんが主催をやらないと


僕のTwitterアカウントがDXM専用アカウントというわけじゃないのでDXMの開催告知ばかり流しまくりづらいという背景が…という言い訳は第1回をやっちゃったので通じませんね…(笑)
もしものすごく気が向き、皆様がお手伝いくださいましたら是非やりましょー!


宣伝はおまかせください(๑•̀ㅂ•́)و✧


今回はところどころ話を脱線させつつも本当にありがとうございました~!


カズキさん、今夜はお付き合い頂き有難うございました!


----------ここまで----------
2時間にも渡るインタビューでした。
長時間お付き合い頂き、Cajuqiさんには感謝してもきれません。
改めて有難う御座いました。


このインタビュー企画ですが、お応え頂ける方がいらっしゃれば定期的にやってこうかな?と思っておりますので、今後もご期待下さいませ。
それでは今夜は失礼致します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。