マイセンのブログ

アニメのレビューとウマ娘の攻略記事がメインです
Twitter→@mysen777

アニメ批評その1055 ウィッチクラフトワークス

当記事と全然関係の無い事ですが、ウマ娘の劇場版を観てきました。
すぐにでもレビューを書きたい処ですが、ネタバレせずにどう書こう?と頭を抱えてる処ですw
という事で(?)今回は水曜日ご担当のechoさんの記事となります。

評価:★★★(守られ系主人公、強くてデカいヒロインが魅力的)

概要

good!アフタヌーンで連載されていた、水薙竜の漫画を原作としたアニメ。

現代社会のようでありながら歴史の影で「工房の魔女」と「塔の魔女」と呼ばれる2派閥の魔女が対立している世界を舞台とし、ごく普通の高校生多華宮仄(たかみや ほのか)と、仄の同級生であり彼を守ることを使命とする工房の魔女・火々里綾火(かがり あやか)の交流や活躍を描く。

あらすじ

「多華宮(たかみや)君は私のお姫様だから」

同級生(クラスメイト)の火々里(かがり)さんは僕を護る最強の護衛者(ガーディアン)だった!--

さえない学園生活を送る高校生、多華宮仄(ほのか)。

彼を襲う、謎の襲撃者達が現れる。襲撃にただただ戸惑う彼を助けたのは、爆炎を操る魔女。

その魔女の正体は、多華宮君の同級生、火々里綾火(あやか)だった!

多華宮君と火々里さんの爆炎スクールライフが今、始まる!

アフタヌーンコミックスの漫画を原作とする、魔女がヒロインのバトルアニメです。

主人公の仄(ほのか)はごく普通の高校生。

ある日突然、魔女に襲われたところを同級生の綾火(あやか)に助けられます。
実は仄は魔女の家系で、綾火は仄を守る騎士だったというところから物語が始まります。

基本的には魔女同士のバトルアニメではあるんですが、テンポが良くギャグテイストも強い作品で、わちゃわちゃしているキャラクター達を眺めるのが楽しい作品です。
そしてこの作品、最大の魅力はヒロインの綾火です。

背丈は主人公より頭一つ分高く、強くておっきい綾火。

クールで無頓着、ただ黙々と主人公を守ってくれる最強の魔女となかなか属性モリモリのヒロインです。

主人公の仄も無個性の守られるだけの主人公ではなく、魔女に狙われる因縁を持っていたり、努力するタイプの主人公なので好感が持てます。

また敵やサブのキャラクター達が面白く、特に最初の敵として出て来る5人組の魔女が濃いキャラクターをしていたりしていて笑いどころもあったりと見ていて飽きないアニメです。

灼眼のシャナや、未来日記など強くて魅力的なヒロインが好きならおススメの作品です。
では、良きアニメライフを!

にほんブログ村 アニメブログへ
にほんブログ村

×

非ログインユーザーとして返信する