マイセンのブログ

ふわっとした感じでDTCGについて書いてます。
Twitterやってます→@mysen777
相互フォロー募集中です!

R以下で組んだゴウエンのデッキ

初心者救済企画の一環として組ませて頂きました。
後日公開予定の記事の為でもあるのですが、フリーマッチ戦でプラチナランクの方辺りまでだったらそれなりに戦えました。

流行りのゴウエンですが、オープンスキル持ちのユニットが足りないのをナナクサでどうにかしようというデッキです。
初手は光の精霊から入ります。
光の精霊が通れば

ナナクサをプレイします。
バッティングしたら再度光の精霊を出し、3ターン目にナナクサをプレイして下さい。
ゴウエンの属性値を5にしないとナナクサはランクアップしません。
相手の場に精霊や弱いユニットしかいないなら良いのですが、そうでない場合は、

ユーニで無理やりランクアップさせて下さい。
この子はナナクサを強化する以外に使い道はありません。


ちなみにシールドですが、

この様になっております。
序盤に使う2枚と中盤に使い2枚
最後の1枚はそれぞれその時に解説させて頂きます。
まずは最初の2枚のコレから

あくまで理想ですが、初手光の精霊→ナナクサ→ユーニ→光の精霊
こんな感じでプレイできたとします。
光の精霊orユーニがクローズさせられたらそのままリムーブしちゃって下さい。
SS1枚目の地脈の力を適当な相手ユニットに当てて、2枚目の惑わしの羅針盤をもう1枚の光の精霊を生贄にして相手ユニットを除去します。
生贄にするユニットは光の精霊が最適ですが、ヴァイスちゃん等のランプユニットでも構いません(最悪ユーニでも可)
レベル3以上のユニットを生贄にせざるを得ない、または不発/暴発してしまったらほぼ負けますのでお気をつけ下さい。
同系対決の場合は、

このオカマと炎の息で上手く凌いで下さい。
ある程度ナナクサとオカマをバッティングさせ、3体目のナナクサorオカマをこれらのカードと1枚目のSSで焼くのが理想です(HP20回復のヴァイスにお気をつけを)
LPがたくさんある相手には光の精霊とランプちゃんで様子見しながらガンガンLPを削って良しですが、光の精霊は使い切らずに1枚は残しておいて下さい(羅針盤の生贄にする為に1度復活させたり数珠に対して得をする場面があるので温存しておきたい)


さて、中盤です。

3枚目のSS 水の蛇ですが、相手を倒しきらなくてもそのまま4枚目のSS 冥将軍の儀式に繋げる事が出来る場合もありますし、やばそうな相手ユニットをアクション終了に出来るだけでも強いです。
水の蛇はLP2ありますので、ここは落ち着いて戦っていきましょう。
この辺りで活躍するユニットですが、

エレーナアラーナに比べると見劣りしてしまうかもですが、全てにおいて劣っている訳ではありません。
HPは高いですし、エレーナはレベル4以上、アラーナはレベル4以下の指定がありますがこの翼竜はレベルは関係なしにオープンスキルでダメージを与える事が出来ます。
またネームドユニットではないので、3ターン連続でプレイ!という事も可能です。
理想は運任せで使用するのではなく、どこに当たっても美味しい、または相手の場にユニットが1体しかいない状況で使えればかなり良い感じです。
クローズした翼竜は復活させずにリムーブし、翼竜を再度プレイした方が強いのですがこれはSPとLPに余裕があればの話なので頭の片隅に入れておいて頂ければ幸いです。
他に活躍が期待されるユニットはコチラ

このデッキの2大エースです。
大地の巨大蛇より先に森に潜む方の蛇を先に出すのがコツです(相手の墓地が溜まって無いと巨大蛇は活躍出来ません)
森に潜んでる方の蛇ですが、他にも候補はありましたが奇襲性を重視して採用しました。
余裕があれば場に2体出しても良いですし、リムーブして出し直すのもアリです。
アクションスキルの弾く身体ですが、プラチナランクの方でも使用するのを忘れている方がいらっしゃいましたので絶対に忘れない様にして下さい。
状況によっては相手をハメ倒せます。
巨大蛇ですが、これは小型モンスターデッキなどでなければゴウエンなら絶対にデッキに入るカードです。
墓地対策だけでなく、生存し続ければどんどん強化されていきます。
あとご紹介がまだだったカードですが、

石化は4枚目のSSとセットで使うのが基本です。
炎の川は魔法カードなので、使用時のSPは戻ってきません。
ここぞ!という場面で使用する様にし、可能な限りユニットで対処して下さい。
終盤SPが余るデッキなので、炎の川を炎の竜巻に変えるのもアリです@お好みでどうぞ


終盤戦ですが、

最後のSSはコチラです。
防御力が下がる同盟条約でも悪くはないのですが、こちらは墓地を利用しない上に相手に墓地利用されたくないので後悔の念を採用してます。
ここまで来ると総力戦の様相となってきますので、デッキに残ってるユニットはバンバン展開しちゃって下さい。
オカマで相手の精霊や死にかけのユニットが焼ければかなり良いあんばいです。
あまり長期戦には持ち込まれたくないデッキなので、とにかく勢いで戦う気持ちで勝負に臨んで下さい。


資産があれば入れ替えたいカードの一覧を記します。
・二刀流『桜』
レアリティもRなので比較的入手はしやすいです。
デッキに1枚からでも大丈夫です。
可能な限り復活はさせず出し直して使うのが良い感じです。


・妖精司祭『アレグリア』
最優先で入手したいカードです。
デッキに入れる枚数は1枚でも良いのですが、ゴウエンを使うなら必須です。
妖精司祭『アレグリア』 - マイセンのブログ


・赤のマント『ディフォ』
デッキに2枚からでも採用できます。
序盤が有利となりますのでオススメです@プレイ時は初手で


・賞金狩『エレーナ』
オープンスキルのダメージはレベル4以上の指定はありますが、対象を選択出来るのが便利です。
また攻撃時も対象の選択が可能で、アクションスキルもかなり強烈な効果です。
デッキに2枚から採用が可能です。


・猪突猛進『アラーナ』
こちらもデッキに2枚でも3枚でもOKなカードです。
オープンスキルも使いやすいのですが、アクションスキルも大体のユニットを倒せるのでとても強いです。


・蒼刀『ビャクレン』
スタートスキルを生かす為に無理やり東方デッキにする必要はありません。
ナナクサとこのビャクレンだけでも十分機能します。


・炎魔『マローダー』
生贄に使用するユニットは精霊やランプちゃんを対象にすれば問題ありません。
ピンポイントで相手ユニットに60点もダメージを与えられるのは強力で、攻撃してこない相手に対しても強制的にSSを発動させる事も出来ますので戦略の幅が広がります。
こちらもデッキに2枚から採用が可能です。


・一閃の剣豪『雷光』
出来ればデッキに3枚入れたい所ですが、2枚でも使えない事はありません。
マローダーと合わせて使えば、クローズスキルだけでも結構馬鹿にならないダメージとなりますが、オープンスキルを運任せで使用する様ですと思った程の活躍はしてくれませんのでご注意を。


・祈りの力
新カードのSSです。
ゴウエンはオープンスキルでダメージを与えるのが得意なので、このカードとの相性が抜群な属性だと思います。
入手出来たら是非使ってみて下さい(SS2枚目~4枚目辺りに入れると暴発しにくいです)


今回の解説は以上です。
無課金でもここまで資産の無いデッキを使い続ける状況はそうはなさそうなので、入れ替え候補に挙げたカードを使ってデッキを強化して頂ければと思います。
対戦相手によっては・・・となりますが、イクサー到達も不可能ではなさそうなので無理にラヴァートメダルを使って急いでデッキ強化せずにこのデッキを使用して頂けましたら幸いです。
それでは、良きアルテイルライフをノシ

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。