マイセンのブログ

ふわっとした感じでデュエルエクスマキナについて書いてます。
Twitterはじめました→@mysen777
相互フォロー募集中です!

チャレンジカップ2位のルクソール


チャレンジカップ2位!

しかし公式のピックアップには引っ掛からずでしたw

原因はイベント終盤に焦りから(?)勝率を大幅に下げてしまったのがいけなかったんだと思います。

使用したデッキはかなり良さげな感じだったのですが、私の腕というか精神力が追いついてなかったです(反省)

気を取り直して使用したデッキをご紹介させて頂きます。


壺を2枚投入したコントロールルクソです。
壺はアグロ以外を入れたら微妙じゃないか?と過去の記事に書きましたが、試しで使ってみたところ思いの外強く、試合時間も大幅に短縮しました。
200戦以上してデッキ切れは一度もありませんでした。
従来使用していたコントロールルクソとの違いはそこだけではありません。
2マナ以下のカード(ギーザの魔装兵)がデッキから消え、代わりにレシェフの疫病を投入しました。
ギーザの魔装兵に比べ、比較的苦手としていたイズモ対策になるという点と壺(ホルスの封臓)とのコンボが強烈という理由からレシェフの疫病が必要となりました。
ルクソールという勢力で自軍の盤面が更地の状態で、1ターン以内に相手のライフを9点削り取れる方法はこの「壺&レシェフ」以外にはありえません。
対戦相手の虚をつけるコンボですので、月末のイベントまで秘密にしておきたかったのですがもうバレバレなので隠し通せませんねw


今更な感じも致しますが、改めて使用したカードとデッキに採用されなかったカードの説明をさせて頂きます。
・ミイラの兵長
ルクソールを使うならもはや必須カードです。
アグロ対策になるだけではなく、コントロール相手でも全体除去を打つタイミングを考えさせる事ができます。
・ピラミッドの瘴気
これがないとイズモと戦えません。
セクメトの殺戮と合わせてタフなユニットも破壊できます。
・彷徨える石像
こちらもコンルクであれば定番となりつつあるカードです。
自分が全体除去(セクメトやホルス)を打つ際は、石像が破壊する前に打つのが理想ですがあまり拘り過ぎない様ご注意下さい。
・測定神 セシャト
セシャトを抜く選択肢も検討致しましたが、アグロ相手に必要だと判断しデッキのスペルを全て3マナ以上にしました。
回復の期待値は2.875点となります。
・セトの飛砂
鏡泉やコアトリクエの大石像対策ですが、アグロ相手(特に海洋オリンポス)には大変有効なカードです。
アグロが相手では無い時は、特殊地形を生成される可能性を考慮しギリギリまで手札に抱えておくのが吉です。
・レシェフの疫病
先に述べた通りです。
アグロ対策&壺とのコンボ用となりますが、同系対決においても使い所次第では有利となる場面もありますのでコンボに拘り過ぎ無い様、使うべき時に使いましょう。
・ウアジェトの猛毒
コンルクなら入れない理由はありません。
・サナム
ユニットが足りなくなりがちなコンルクなので、サナムを抜いて重量級のユニットを使用する方もいらっしゃるかとは思いますがサナムは必要だと思います。
同系対決でもサナムを出されただけで、全体除去を使わざるを得ない場合もある位です。
・アメミット
私が大好きなカードですが、「アメンやセシャト並みにヤバいカード」という認識が世間に広まりつつある位の強カードです。
攻撃力を0にされてもダメージを与え続けられるのは脅威です。
・セクメトの殺戮
これが入っていなかったらコンルクじゃないでしょ?という位の必須カードです。
・ホルスの封臓
場合によっては自分の場に出したり、相手が設置した大石像の上に出したりと柔軟な発想が出来ないと使いこなすのは難しいかもしれません。
ただし、これが無かったらデッキ切れからの耐久勝負を覚悟して試合に臨む必要があります。
・ファラオマスクの呪い
必須ともいえるカードですが、このカードは同系対決時に生きるカードです。
コンルク使いが世界中からいなくなったらデッキから抜いてもいいんじゃないの?と思わなくもありません。
・ホルスの栄光
私は2枚派ですが、最低1枚は入れておかないと色々ときついと思います。
セシャトとの相性もバッチリです。
・アメンさん
こちらもコンルクなら必須の神様です。
かっこいいし、強いのです。
・カオスキメラ
外の10マナ帯よりも明らかにパンチ力があるカオスキメラです。
同系対決の際、外の10マナユニットでは必ず遅れを取ってしまいますし、怨念の効果がピラミッドの瘴気やセクメトと相性抜群なので抜くに抜けません。


デッキに使用したカードの説明は以上です。
以下は候補に挙がりつつも使用しなかったカードです。
・地嵐の呪文
セシャトを使用していなかったら使っておりました。
その場合は壺を1枚減らしての投入となります(相手の地形対策がセトの飛砂と壺の為)
・ギーザの魔装兵とエルフの薬草師
このデッキには2マナ以下のカードを採用しませんでした。
それでも十分アグロに勝てます。
3マナ~4マナのカードは12枚入っておりますので、手札が溢れる様な事故はセシャト入りでも滅多にありません。
・マッドゴーレム
一部のデッキに刺さるのですが、ピンポイントで壊したい地形を破壊できる訳ではないのでデッキから外しました。
・彷徨えるゴーレム
悪くはないのですが、同じ4マナ帯でセシャトを使用している上にレシェフまで入れておりますのでこのカードを入れるスペースはありませんでした。
・焔蛇の激昂
ホルスの栄光2枚入りなので不要と判断しました。
・サルファー
こちらもホルスの栄光を1枚抜いて・・・と考えなくもなかったのですが、カオスキメラは破壊出来ないので採用は見送りました。
・鏡泉や大石像
同系メタで考えましたが、2枚入れても対策されてしまうだろうしそれ以上入れる枠もないし、アグロ相手には微妙という判断で採用しませんでした。
・アヌビスさん
枠があったら入れたかったです。
アヌビスさんを抜いて壺を入れました。
・他の10マナの皆さん
カオスキメラ最強説


採用を悩んだカードはこんなものです。
コントロールルクソは時間が掛かるし爽快感が無さそうだしなぁ・・・とお思いの方もこの壺入りコントロールを使えば考えが変わると思います。
騙されたと思って一度は使ってみてください!


それでは今夜はこの辺で失礼致します。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。