マイセンのブログ

ふわっとした感じで主にDTCGについて書いてます。
Twitterはじめました→@mysen777
相互フォロー募集中です!

アーモロートの魂送

人気はあるけどアンチも多いカード


アーモロートの魂送がまさにその典型です。

元々効果が面白いから使ってます、という方が多かったこのカードですが最近は「これ強くね?」という理由で使う方が増えてきました。

逆に

「このカードの強さがよくわからない」

「運ゲーに身を任せて何が楽しいの?」

といったアンチの方のご意見もよく目にします。

今夜は私の見解と価値観について語らせて頂こうと思います。


まずは強さについて。

私は強いと思ってます。

場に1体ユニットがいる状態でアーモロートの魂送を使用した時の期待値ですが

・ライフ4点回復

・相手ガーディアンに3点ダメージ

・2/2ユニットを1体生成

・1ドロー

となります。

回復量や与えるダメージはファラオマスクには劣りますが、その分必要なマナコストは低くユニット生成やドロー効果までついてきますので期待値の点では一概にカードパワーが劣っているとは言えません。

あくまで期待値の話であって場にでた風船の色が偏ったり、必要でない風船が多めに出てしまう事もありますが他のカードと組み合わせたりアーモロートの魂送を生かす試合運びを心がければある程度はカバーできます。

具体的に組み合わせて相性の良いカードといえば、神獣像の祈祷やアペプの詛呪、サテュロスの短弓兵などと併せて使用すれば与えられるダメージ効果や回復効果を上げる事が出来ます。

アグロ系のデッキで最後の〆として使用するのも効果的です。

現在ランクマッチ戦上位の方の使用率が高い点からもこのカードが実用的である可能性が高いと言えると思います。


次に運ゲーしてて何が楽しいの?という問いにお応え致します。

楽しいかどうかは人それぞれだと思いますが楽しい!と思っている方は元々多かった様に見えますし、勝つ為に使っている方もいらっしゃいますのでそんな言い方をしなくてもいいんじゃない?と私は思います。

ルクソールの人気カードであるセシャトも運の要素が強く絡むカードです。

デッキから引いてくるスペルのマナコストは重要ですし、相手ユニットが複数いる時はどこに当たるかもわかりません。

他にもどこにダメージが飛ぶかわからない小魔 インプや期待値は悪くないけどオイルばかり生成する可能性のある震巨人 カブラカン、どのユニットを強化してくれるかわからないオケアニドの助勢なども運の要素が絡んでくるカードです。

今までも運が絡むカードは色々あった訳で、今更運要素の強いカードを叩く方は

「アーモロートの魂送を強いと認めたくないけど実際使われると負ける事が多いので悔しい」

とかなんじゃないかな?と思ってしまいます。

アーモロートの魂送が強すぎるのでナーフした方が良い!と言った方が共感が得られやすい気がします。

仮にアーモロートの魂送が運ゲーを推奨するダメなカードだとしても、それについて責められるべきは使用するプレイヤーではなくカードテキストを考えたデザイナーというか運営の方だと思います。

「こんなつまらない効果の強いカード作りやがってコンチクショー ナーフしやがれ!」

と運営に要望は出しても良いと思いますが、使用者に対して文句を言うのは違うと思うのです。

自分が嫌いだから使わないで欲しいと言ってるのに等しいと思いますし、誰がどんなデッキを使おうがその人の勝手です。


みんな使いたいカードを使う。

強すぎると思われるカードがあったら周りから共感の得られる書き込み(ツイート)をして同じ意見の方を増やす。

DXM運営はSNSを隅々まで見てくれていると思うので、ある程度の賛同者がいれば動いてくれると思います。

それ以前にランクマや獅子王杯等の上位者が特定のカードを軸にしたデッキばかりになれば黙っていてもナーフはかかるんじゃないかな?とも思います。

そんな感じでいきましょうよ( ´ ▽ ` )

みんな仲良くエンジョイDXM

それではまた明日、おやすみなさいませ♪

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。