マイセンのブログ

ふわっとした感じで主にDTCGについて書いてます。
Twitterはじめました→@mysen777
相互フォロー募集中です!

情報に踊らされ無い様に

皆様こんばんわ。
昨夜のナーフについて多数のご意見、ご感想を頂き誠に有難う御座います。
本日の記事は昨夜の続きとなります。


どのカードをどの様にナーフすべきか?
もし私がテストプレイヤーでこう問われたら自分なりの意見は持っておりますが、絶対的な自信がある訳でもなく、次に出る新カードがどの様なものかがわからなければ正しい回答は出せないと思います。
今夜の記事で皆様にお伝えしたいのは
情報に踊らされない様に注意しましょう
という事です。
常識と思われがちな事が必ずしも正しいとは限りません。
自分で使ってみて検証した訳ではなく、使ってる人が多いとかランキング上位の方が使っていたから強いはず!と決めつけてしまうのは軽率と言わざるを得ません。
例えば強いと評判のヴァリーについてですが、どんなデッキにも必ず入るという訳ではありません。
私が現在使用している海洋オリンポスには入っておりません。
他にはアスガルドのノートですが、こちらも私のトールアスガルドには入っておりませんし、一部の上位プレイヤーの中で「不要論」が出てきております。
ルクソールのアメンもバーンルクソの場合はデッキに入らない場合があります。
アスガルドならノート必須、ルクソールならアメン必須、ナーフするべき!と声高に叫ぶ前にそれらを抜いたデッキで勝ってやる!という気概を見せて頂きたいと思う今日この頃です。
ヴァリー、アモコンなどはともかく先に挙げた2枚についてナーフを強く希望する方とそうでない方の差は「レーティングの差」です。
ぶっちゃけて言ってしまえば、下手くそがそこまで強くも無いカードを強い強いと言っているだけという事です。


またしても喧嘩腰な文面となってしまいました。
話題を変えます。
先に書いた、「情報に踊らされない様に」の部分について具体的な例を挙げます。


・ヴァリーについて
剣闘士の凱旋リリース前はスパルタクスと併せて使うと強そうだな!との評価でしたが、実際その組み合わせで使ってみるとギャンブル要素が強く思う様に勝てない方が多かったと思います(私もそうでした)
一時期スパルタクスの使用率はかなり下がり、一部の方からはネタカード扱いをされる始末でした。
最近上手いと評判の方がスパルタクスを使い始めた為、急にスパルタクスの人気が高まりデッキの軸に成り得るヴァリーの評価が相対的に上がりました。
実際スパルタクスはとても強いのかもしれませんが今日現在「絶対これが最強」と断言しても良いものなのでしょうか?
順位の変動が激しい月末になったらスパルタクルの人気は今よりも下がっているかもしれません。
ヴァリーもどんなデッキにも入るのかといえばそうではありません。
スパルタクスやアルガルドの魂送祭等と組み合わせれば強いヴァリーですが、普通のアグロと組み合わせてもそんなに活躍は出来ません。
またハデスオリンポス相手に先行初手でヴァリーを配置すると返しの相手のターンにハデスのガーディアンパワーで倒されてしまうので悪手である!という意見がありますが、これは必ずしもそうではありません。
初手にヴァリー以外の1コストのユニットがいない状態で相手はオリンポス、手札には2マナ~4マナまでのカードが揃っていれば無理してヴァリーを手札に温存する必要は無いと思います。
勿論そういったプランも無く初手でヴァリー配置はダメなんですけどね


・セシャト
絶対にデッキに入る強カード、という考え方は宜しくありません。
低コストのスペルを多く積んだ場合、セシャトのドレインの期待値は下がってしまいます。
コントロールデッキであればアグロ対策でセシャトを入れるよりもレシェフを選択した方が良い場合もあります。
逆に低コストのスペル満載なのでセシャトは抜くべきという考え方についても必ずしも正しいとは限りません。
低コストのスペル(1点ドレイン)でも構わない、スペルをサーチする為にセシャトを入れてます!という方も多数おられますし私もそういったデッキ構築をする事があります。


・ノート
これも必須カードでは無いと思います。
3マナ1/2というスタッツはお世辞にも高いとは言えません。
同じアスガルドの3コスト帯には2/3やら1/4(成長、護衛)を持ったユニットがおりますので、かなり見劣りしてしまいます。
ノートはコストは3ですが、6コストのユニット位に考えておいて中盤~終盤に出す位の考え方の方が正しいと思います。
とすると、例えばノートが入っていないデッキにノートを入れましょうとなったら入れ替えるべきカードは3コスト帯ではなく6コスト以上のカードとなります。
ノート自体は残念なスタッツなので構築次第ではユニットのパンチ力が減り、デッキが弱体化する恐れがあります。
確かにノート+クローリンとは食らうと軽くトラウマを植え付けられそうになりますが、自分で使ってみると「今ひくかー!」とか「来て欲しい時にこなーい!」となる場面が多々あります。


・ランクマ上位の使用デッキ
参考にはなりますが、上位=最強ではありません。
月初から月末まで同じデッキを使い続ける人も少ないですし、月末になるとランキング50位以内は目まぐるしく変動します。
月中辺りのせんてゃさんの順位は300位とかでしたがせんてゃさんが弱い訳ないですよね。
月末にはイズモできっちり10位にランクインしております。
月末のランキングは非常にアテになるというか、参考になりますがそれまでのランキングで上位の方がバンルク使いばかりだからといってバンルク最強とはならないのです。
(スミスさんは別格)


言いたかった事は大体以上です。
他のDTCGに目を向けるとDXMとは比べ物にならない位に上位の方のデッキが被ってたり、同系対決でなければ9割以上勝てるデッキがあったりします。
DXMはかなりバランスの取れたゲームだと私は思ってます。
MTGばりに熟練のカードゲームプレイヤーを数十人雇ってテストプレイをすれば今以上に良いものが作れるかもしれませんが、今のDXMに求められている事はそういった事ではないと思います。
後日DXM運営に私が求める事についての記事を書こうかな?と思っておりますので、その話はもう少々お待ち下さい。


毎月「ランクマ一位狙います!」とか言って半端な順位の半端者の私に偉そうな講釈垂れられてご不満なナーフ信者は、私の様な凡人を軽く超えて下さい。
ランクマで熱き戦いが出来ましたら幸いです。
それでは今夜はここまでで失礼致します。
(明日はデッキ紹介を予定しております)

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。